ドコモ「spモード」版 日刊スポーツ競馬

日刊スポーツ競馬

コンピ分析


⇒コンピ指数とは/コンピ指数の使い方

◆コンピ分析『きさらぎ賞(G3)』

ポイント(1)狙いたいのはこのゾーン!

過去5年、指数3~6位から馬券になる馬が出現している。
(上段:年 下段:馬券になった3~6位のコンピ順位と指数=着順)

18年
3位64=2着、4位56=1着、6位54=3着

19年
4位57=1着、6位49=2着

20年
3位63=2着

21年
3位64=3着

22年
3位68=1着

過去10年でも・・・。
13年 ※
4位62=3着、5位56=1着

14年
5位51=3着

15年
3位60=3着

16年
5位56=2着

17年
4位59=3着、6位55=1着

⇒60台~40台が混在する3~6位のゾーン。ここがきさらぎ賞の馬券の肝。実は過去10年どころではなく、2010年以降で3~6位は13年連続で1頭以上が馬券に絡んでいる。
※13年はインパラトール取り消し後の順位です。ご了承ください。


ポイント(2)リンクにかけろ!

前年馬券になった指数順位が翌年に出現している。
きさらぎ賞(左から年、1→2→3着の指数順位 「」の順位がリンク)

18年 「4位」→3位→「6位」
19年 「4位」→「6位」→「7位」
20年 「7位」→「3位」→「1位」
21年 2位→「1位」→「3位」
22年 「3位」→「1位」→9位

⇒今年は指数「1位」「3位」「9位」が候補。ちなみに09年から継続中です。


ポイント(3)馬名のオカルト

過去5年、指数1~4位で馬名に小書き文字の入った馬が馬券絡み。
(1段目:年 2段目以降:対象の指数と馬名で馬券になった馬 「」が小書き文字=着順)

18年
3位グローリーヴ「ェ」イズ=2着
4位サトノフ「ェ」イバー=1着

19年
4位ダノンチ「ェ」イサー=1着

20年
1位アルジ「ャ」ンナ=3着
3位ストーンリ「ッ」ジ=2着

21年
3位ランドオブリバテ「ィ」=3着

22年
1位ダンテスヴ「ュ」ー=2着

⇒今年も指数1~4位に小書き文字の入った馬がいたら馬券に加えたい。オープンフ「ァ」イアなどが1~4位だったら狙ってみたい。


ポイント(4)ただいま連動中!

きさらぎ賞と前年のステイヤーズSのコンピ順位が連動している。
(上段:左から年、ステイヤーズSの1→2→3着の指数順位 下段:翌年、きさらぎ賞の1→2→3着の指数順位 「」の順位が連動)

17年 ス 1位→2位→「3位」
18年 き 4位→「3位」→6位

18年 ス 1位→3位→「4位」 ※
19年 き 「4位」→6位→7位

19年 ス 5位→「3位」→12位
20年 き 7位→「3位」→1位

20年 ス 6位→9位→「1位」
21年 き 2位→「1位」→3位

21年 ス 5位→「3位」→7位
22年 き 「3位」→1位→9位

22年 ス 6位→5位→3位
23年 き ?

⇒今年のきさらぎ賞は指数「3位」「5位」「6位」が候補。ポイント1からも3、5、6位は確実に馬券に入れたい。ちなみに現在、12年ステイヤーズS、13年きさらぎ賞から、10回連続で連動中。
※18年ステイヤーズSはアルバート取り消し後の順位です。ご了承ください。


ポイント(5)コンピの法則 指数1位と2位の間に“大断層”があれば・・・

指数1位と2位の指数差に注目。1位の指数から2位の指数を引いて、その差が「10」以上ある場合、1位か2位、または両方が馬券になっている。
1位と2位の間に大断層があるきさらぎ賞(上段:左から年、1位と2位の指数、指数差 下段:結果)

96年 1位90-2位68 指数差22
1位=1着、2位2着

98年 1位88-2位71 指数差17
1位=1着

99年 1位88-2位71 指数差17
1位=2着、2位=1着

02年 1位84-2位72 指数差12
2位=2着

03年 1位88-2位74 指数差14
1位=3着、2位=2着

04年 1位90-2位68 指数差22
1位=2着

07年 1位88-2位71 指数差17
2位=2着

09年 1位88-2位71 指数差17
1位=1着、2位=2着

10年 1位82-2位64 指数差18
1位=2着

12年 1位86-2位63 指数差23
1位=1着、2位=2着

16年 1位90-2位67 指数差23
1位=1着、2位=3着

17年 1位90-2位66 指数差24
1位=2着

20年 1位90-2位64 指数差26
1位=3着

⇒指数差が2~9なら「断層」、10以上なら「大断層」といい、96年以降、1、2位の間に大断層があるパターンはすべて1位か2位、または両方が馬券になっている。今年大断層があれば1、2位を狙いたい。



◆コンピ分析『東京新聞杯(G3)』

ポイント(1)指数1位は買えるか?

指数1位は過去5年で【1・1・1・2】とそんなに悪くないが・・・。
東京新聞杯(左から年、1位の指数=成績 ※着外は4着以下)

18年 74=3着
19年 83=1着
20年 81=着外
21年 73=着外
22年 77=2着

過去10年でも【1・1・2・6】(競走中止も着外にカウント)と買っていいんだか、悪いんだか・・・。
13年 75=着外
14年 76=着外
15年 80=着外
16年 76=競走中止
17年 86=3着

⇒96年以降、指数1位が信頼できるのは【3・0・0・0】の88以上とかなりハードルが高い。少しハードルを下げて、88~84の偶数(88、86、84)なら【3・2・1・0】と複勝率100%なので覚えておきたい。


ポイント(2)コンピ順位と騎手の組み合わせで狙うなら・・・

過去5年、武豊、岩田康、田辺騎手が指数3位以内だったら馬券になっている。
(上段:年 下段:馬券になった指数3位以内の武豊、岩田康、田辺騎手とコンピ順位=着順)

18年
武豊3位=1着

19年
該当なし

20年
該当なし

21年
岩田康2位=3着

22年
田辺2位=1着

過去10年でも・・・。
13、14年
該当なし

15年
岩田康2位=3着

16年
該当なし

17年
武豊1位=3着、田辺2位=2着

⇒今年、3騎手のうちひとりでも3位以内だったら狙い撃ちしてみたい。ちなみに過去10年、岩田康騎手が8位以内なら【1・2・2・0】とすべて馬券絡み!


ポイント(3)ただいま連動中!

東京新聞杯と前年の天皇賞・秋のコンピ順位が連動中!
(上段:年、天皇賞・秋の1→2→3着の指数順位 下段:年、東京新聞杯の1→2→3着の指数順位 「」の順位が連動)

17年 天 「1位」→「3位」→14位
18年 東 「3位」→7位→「1位」

18年 天 2位→「5位」→「6位」
19年 東 1位→「6位」→「5位」

19年 天 1位→「3位」→5位
20年 東 7位→6位→「3位」

20年 天 1位→4位→「2位」
21年 東 5位→12位→「2位」

21年 天 「3位」→「1位」→「2位」
22年 東 「2位」→「1位」→「3位」

22年 天 1位→6位→2位
23年 東 ?

⇒昨年の天皇賞・秋は、大逃げのパンサラッサを指数1位イクイノックスがゴール直前で捕らえてG1初制覇。ということで今年の候補は指数「1位」「2位」「6位」です。ちなみに15回連続で連動中!


ポイント(4)奇数年は50台が連対!

09年以降の奇数開催年は50台が連対している。
(左から年、連対した指数50台=着順)

09年 59=1着
11年 58=1着、52=2着
13年 57=2着、54=1着
15年 55=1着、51=2着
17年 54=1着
19年 53=2着
21年 55=1着
23年 ?

⇒奇数年の今年、50台から目が離せない!



【コンピ分析・細井厚志】



プレミアム競馬サイト『極ウマ・プレミアム』(月額880円)では、コンピ分析以外にも様々なコンテンツを掲載中です!
ドコモspモード版『極ウマ・プレミアム』へ
※別サイトに移動します。